「マレーシア留学」が年齢問わずに人気な理由とは?

社員のスキルアップを図るための海外研修先がマレーシア!?

2017年08月10日 11時46分

海外留学先としても人気の高いマレーシアですが、それと同時に「企業の海外研修」先としもマレーシアは人気があります。
最近は、社員、そして企業としてのキャリアアップを図るために、こういった海外研修を積極的に取り入れている会社も増えています。
社員が成長するということは、すなわち会社が成長するということでもあり、国際化が叫ばれる現代において
新たな課題や目標を見出すためにも非常に効果的であるといえます。
 
海外研修にマレーシアが人気な理由
マレーシアは日本企業の海外研修先として人気がありますが、その一番の魅力はやはり「コスト面の安さ」ではないでしょうか。
海外留学先としてもそのトータルコストの安さが注目されるマレーシアですが、海外研修先としてもそのコスト面の魅力は大きく、
これまで海外研修は費用がかかるからと断念していた企業もマレーシア留学なら許容範囲と積極的に活用しているようです。
日本からマレーシアまでの渡航費も欧米などへ行くことに比べれば半額ほどで抑えることができますし、
渡航にかかる時間も半日あれば済むので短い日数でも時間を無駄にすることなく有効活用できます。
マレーシアに海外研修をする企業が増えている理由は、何もコストだけの面ではありません。
昨今、マレーシアの経済成長は目まぐるしく進み、ASEAN諸国を引率するリーダー的存在としても一目置かれています。
とくにIT業界の発展は凄まじく、語学力の向上だけでなく、大学に進学してこういったマレーシアの最先端技術を祖国に持ち帰ろうといった目的をもって
近隣諸国からマレーシアに留学にくる学生の多くいるほどです。
 
英語を仕事で使うマレーシア
マレーシアに海外研修にいって、日本人スタッフが一番驚くことといえば「マレーシアの人の英語力」ではないでしょうか。
マレーシア人の英語力は東南アジアのなかでも抜きんでていて、世界中の企業から必要とされる人材が多いことからもその実力は証明されています。
マレーシア人が世界中の企業から重宝される理由、それはやはり高い「英語力」であり、
普段の生活から英語を多用するマレーシアならではの特徴だといえます。
日本でも海外進出を視野にいれている、またはすでに着手しているような企業では、
社員の英語力を向上させるためにいち早く社内での英語学習を積極的に取り入れているということがあるでしょう。
そして、定期的にテストを受けさせて目標レベルをクリアさせるなど本格的な企業もあります。
しかし、実際にマレーシアへの海外研修を経験してみると、実践の仕事で使う英語とテスト英語では実用性に大きな違いがあることに気付きます。
社内で使う英語は必ずしも完璧だからいいというわけではなく、正確に間違いなく相手に伝えることが何よりも大事になります。
そのため、高い英語力のほか、生きた英語を正しく使うことの重要性をマレーシアでの海外研修で学ぶことができるでしょう。
そして、これまでの英語力ではまだまだ足りないと新たな目標ができますし、
海外企業の実情を知ることで負けてはいられないと大きな刺激を受けるきかっけにもなるでしょう。
 
 

マレーシア留学といっても、これまでのように語学留学といった目的だけが全てではなく、最近ではこういった親子留学や母子留学、
それに海外企業への研修留学など、さまざまな形の留学スタイルが浸透しつつあるのです。
人の数だけ留学することの目的があるように、マレーシアではあればさまざまな目的にも対応できるシチュエーションが整っており、
確実にスキルアップするためには最高の留学先であるといえます。
年齢問わずマレーシアが人気の留学先であるというのはこういったことが理由であり、
だれでも気軽に留学体験ができるのもマレーシアの魅力であり、マレーシアが選ばれる大きなポイントであるといえます。